省エネLEDの手法について

LED_kプレス工業2 弊社は、工場・オフィス・店舗等の照明器具をLEDに更新して照明環境の向上電気にかかるコストを下げることを得意としています。

 約2年ほど前までは、LEDの発光能力が1Wあたり80~100ルーメンというレベルでした。この時点では産業用照明の主流であった高周波点灯型蛍光灯やセラミックメタルハライドランプの能力を下回っていましたので「当分は家庭用の白熱電球しか交換できないだろうな」と、施工業者の出る幕ではないと踏んでいました。

 しかしながら、昨年あたりから急激に性能を向上させたLEDチップ(1Wあたり130ルーメン超)がリリースされ、水銀灯を使用した街路灯が続々とLED化しました。施工業者の出番がようやくやって来ました。

 国産チップ使用の国産メーカー品を使用し、現場調査のうえ適切なプランをご提供いたします。

コメントをどうぞ