ソーラー発電所資産投資例

50kw_solar

ソーラー発電所開設への
資産投資例

利回り 8.2%!わずか12年で投資資金を回収可能なケース

写真は50kwソーラー発電所のイメージです。

宮崎県内50kwソーラー発電所 売電価格:@36(¥/kWh)初期投資額:2,370万円 
弊社開設実績に基づく開設20年の収入予想
年間平均売電収入 218万円/年 × 政府保証期間 20年 = 4,360万
開設11~12年で 218万×12年=2,616万 となり初期投資資金回収!
その後の政府保証期間はすべて収益となります!20年を過ぎた後も買電収入が期待できます。
※弊社独自ノウハウでパネル配置を設計・増設し、規定範囲内でさらに高収益も可能!
※法人化してグリーン減税適用プランもまだ間に合います
初期投資コスト 2,370万 内訳
<ソーラー発電所施設一式> 2,200万
基礎工事・架台・ソーラーモジュール・パワーコンディショナー・集電箱接続
電気工事・造成工事・フェンス工事

<九電へ送電施設負担金> 100万 (立地により60万~300万程度変化あり)

<オプション>

遠隔監視システム 50万
火災保険  22万(施設価格の1%:火災保険+地震・休業補償・賠償責任の全特約付)

初期投資合計:2,372万

借地利用の場合の年間ランニングコスト 49万
<土地借地代> 15万/年

<保険料> 22万/年  (立地により60万~300万程度変化あり)

<保守契約料>12万/年